おすすめの福井の大学生向きの賃貸物件

福井の大学に進学することが決まり、自宅から通えない場合は賃貸物件を探さなければなりません。学生向けの物件には、アパートやマンション、学生会館など、さまざまなタイプがあります。アパートやマンションで学生向けのものは、早めに契約をしても、賃料を支払うのは入学後の4月からで良い場合が多いです。一般のマンションやアパートの場合は、契約時点から賃料が発生しますので、注意が必要です。学校の敷地内にあったり、同じ学校の学生が入居するものとして、学生寮があります。寮は賃料も安く、食事付きなので、自炊に自信が無い方は安心です。ただし、規則は厳しいほうです。安全性を重視するなら、学生会館があります。寮よりは規則は少なく、家具なども最低限のものはついていることが多いです。

福井で大学生におすすめの賃貸の選び方

物件を選ぶ際には、さまざまな条件がある中で、自分が何を重視したいかを考えていかなければなりません。まず、毎月かかってくるものとして賃料があります。賃料は、仕送りやアルバイトなどの収入の3文の1以内に収めるのがコツです。これ以上割合が高くなってしまうと、生活を圧迫する可能性があります。敷金や礼金が必要ない物件を選ぶのも1つのコツです。日当たりや風通しなどが良いことも、住みよい暮らしをするためには必要です。日当たりや風通しが悪いと、部屋にカビが生えやすかったり結露しやすかったりします。駅や学校からの距離の考慮に入れましょう。通学は毎日しますから、学校にアクセスしやすい、交通費が安いことは生活費との兼ね合いを考える上でも大切です。家の近くにスーパーやコンビニ、病院などがあることも生活していく上では重要です。

福井の大学生向けの賃貸物件選びでできればこだわりたい点

特に女子学生の場合は、安全性にも気を配りたいところです。マンションであれば、オートロックのあるところやインターフォン付きのところがおすすめです。集合住宅の場合は、防犯上という意味もあり、2階以上の部屋を選びたいものです。物件を選ぶ際には、周辺環境にも注意しましょう。夜になると、ほとんど人通りが無いところや街灯が無いところなどは、女性の場合はあまり選ばないほうが賢明です。一人暮らしをする場合、銀行や郵便局などの施設が近くにあると便利です。自炊をする予定の場合は、キッチンの広さやコンロが何口あるかをチェックしましょう。ワンルームの場合、ほとんど料理ができない狭いキッチンの場合も多いです。バストイレは別の物件のほうが、ゆったりとお風呂に浸かれるのでおすすめです。